意外に思われるかもしれませんが、株主優待にも税金が掛かりますから注意が必要です。 株主優待に掛かる税金は、雑所得となります。 利益の配当や余剰金の配分の場合は配当所得に当たりますが、株主優待はそれらに当てはまらないので、雑所得に分類されるのです。 雑所得は、会社勤めをしている人なら年間で20万円までは税金を払わなくても良いことになっていますが、20万円を超えると税金を払わなければなりません。 株主優待での収入が一年間で20万円を超えることはあまりないでしょう。 しかし、株主優待以外の雑所得を得ている人は、気をつけるようにしてください。 株主優待で受け取った商品券などを金券ショップなどで売ると、高価格で買い取ってくれる場合があります。 何か副業をしていて、その副業で得たお金と、金券ショップで現金に換えた分を足すと20万円を超えてしまったという場合には、確定申告をしなくてはいけません。 ちなみに、株主優待で商品を受け取った場合には、金額が分からないことがあると思います。 そのような場合には、念のために税務署にきいてみた方がいいでしょう。